名古屋市中村区 O様邸 戸建 リノベーション/リフォーム

designed by 岡田 浩実

リノベーション面積 ―㎡( 坪 ) 家族構成
構造 木造
リノベーション箇所 3階建2階部分のリノベーション(リフォーム)
  施工費:―万円
 
工期 約カ月

きっかけ

ご主人が数年前に亡くなられて、一人で住むには広すぎたのと、光が入らなくて昼間でもとても暗かったとのこと。

こだわり

昼間でも明るいリビングと、片付けられる収納を増やすこと。

※画像にマウスを重ねて手のマークに変わるものは、クリックすると大きい写真が見れます。

リフォーム後の写真

 リノベーション リフォーム 名古屋
建具
建具に使われている建て格子の一本一本の配置にもこだわり、光が当たった時にも陰影がとても美しい仕上がりになりました

リノベーション リフォーム 名古屋
廊下 
階段下の一部の壁に障子を入れ、LDK側からの光が通るようになっています。

リノベーション リフォーム 名古屋
ダイニング&キッチン
キッチンとダイニングテーブルを1列に並べることによって動線が短くなり、家事のストレスが和らぎます。

リノベーション リフォーム 名古屋
リビングルーム
以前は南側に和室があり、リビングへ光が入らない暗い空間でした。思い切って和室をなくし、広々としたリビングに。テレビボードなどにはリノベーション前に使っていた1枚板の座卓が造り変えられ、ご主人と使っていたの思い出の品も新しく生まれ変わっています。

リノベーション リフォーム 名古屋
書斎コーナー
普段使わない時や、来客時には扉を閉めておけます。更に、普通より高い位置に鍵を設けてあり、まだ小さいお孫さんたちが遊びにきても安心できます。

 リノベーション リフォーム 名古屋
書斎コーナー
扉を開けると…こちらの天板にも、以前使われていた座卓の板が。

 リノベーション リフォーム 名古屋
飾り棚
サッシと一体になった飾り棚。棚の後ろから光が入るように設計されています。

リノベーション リフォーム 名古屋
以前は南からの光だけに頼っていたリビングの採光は、窓を増やして昼間の部屋の明るさがup。

リノベーション リフォーム 名古屋
キッチン
シンプルなデザインでスッキリまとめられたキッチン。
よくテレビをつけているとおっしゃっていた奥様の為に、キッチンで作業しながらテレビを見られるよう目の前に設置しています。
冷蔵庫はダイニングやリビングから見えないよう配置されています。

リノベーション リフォーム 名古屋
キッチン収納
キッチン周りには収納がたくさんあるととても便利。
キッチンに立った時の背面と、奥に壁面収納が設けられいます。

リノベーション リフォーム 名古屋
背面の壁面収納(左)

リノベーション リフォーム 名古屋
背面の壁面収納(右)

リフォーム リノベーション 名古屋
奥の背面収納
3枚引き戸の扉を真ん中に集めた時の様子です。
元々喫茶店を経営していらしたため、キッチンで使う家電をたくさんお持ちでした。
それらをしまう為にも大容量の収納が設けられました。

リフォーム リノベーション 名古屋
奥の背面収納

リフォーム リノベーション 名古屋
寝室

リフォーム リノベーション 名古屋
寝室ウォークインクローゼット

リフォーム リノベーション 名古屋
脱衣室
脱衣室には壁面・ベンチ・洗面台にリノベーション前のとてもすばらしい素材がリユースされています。

リフォーム リノベーション 名古屋
ベンチ
座卓で使われていた一枚板が使われているベンチ

洗面台
リノベーション前の素材がリユースされた洗面ボールが置かれた台。

バスルーム
シックな色調でまとめられたバスルーム。
窓から見える板もリユースされた木材。

洗面化粧台
モザイクタイルがポイントとして貼られた、モダンな洗面台。ホワイトを基調にしたシンプルで清潔感のあるデザイン。

ペット用入口
リビングなどのドアの横には、ペット用の扉が。

計算された採光と動線で、快適なLDKになりました。

O様にはリノベーション完成後にインタビューをさせて頂きました。下のバナーから完成後インタビューをご覧頂けます。

デザイナーより

designed by interior coodinator 岡田 浩実

ご主人との思い出がある以前の家は、元々ケヤキなどのとてもいい木材が使われていて、
このまま廃棄するのは惜しいと思い、新しい空間が引き立つような造作家具や壁に使用しました。

空間のポイントは、採光と収納と導線。

光が入らなくてとても暗かったLDKにいかにして光を取り入れるかを考え、
東面に開口部を設け、そこに設けられた飾棚の背の部分もガラスを用いて、
自然の光による演出がなされるようにしました。

喫茶店を営んでおられた時のたくさんのキッチンツールを、スッキリ片付けられるように、
収納はキッチンの壁にほぼ全面に設けています。
以前の間取りではキッチンからダイニングやリビングへ行く時に回り込まないといけなかったのを、
回廊のような導線にしたことで、余分な動きをしなくてもいいような配置にしました。

キッチンに立っていながらリビングにいる人とも会話ができるように、
リビングとダイニングは一体感のある空間なっています。


このページのトップへ


関連記事