昭和41年に会社を設立した時は、材木屋。 先代社長が時代の風を読み、工務店として住宅施工も手掛けるように会社は成長。
現在の社長が、設計事務所で修行後、30歳で会社に戻り現場監督として10年の経験を積み、新たな事業としてリノベーションのボランタリーチェーンに加盟して、営業ノウハウを蓄積。
自身が一級建築士という強みを活かそうと考え、自社で注文住宅に携わることに。それが現在のスタイルの始まり。

こだわったのは、「とことんお客様満足度を高めていこうという姿勢」。 お客様の要望以上のものを提供していこうという当社の住宅が、お客様に認められるには、そう時間を必要としませんでした。 一組一組のお客様に対して、丁寧に寄り添っていくスタイルが高く評価され評判が口コミなどで広がり、仕事が紹介で入ってくるように。 現在では仕事の6~7割が紹介。
忙しくなってきたため今回は施工管理の増員をすることに。 将来、会社の中心メンバーになって頂けたらと考えています。

夏目 信幸